資金繰り表はエクセル自動計算で!無料ツールを活用しよう!!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

資金繰り表はエクセル自動計算で!無料ツールを活用しよう!! 資金繰り対策

資金繰り表を作るとき、エクセルにいくつか数字を当てはめてササっと自動計算してもらえたらすごく楽ですよね。

そんな資金繰り表を自分で一から作るのは少し根気な作業になります。

しかし、自分でエクセル自動計算できるフォームを作らなくても、エクセル自動計算してくれる資金繰り表が公的機関のサイトにあるのです。

本記事では、5つの質問に答えるだけで、ササっとエクセル自動計算してくれる中小企業庁のサイトにある資金繰り表をご紹介いたします。

会社の未来を見据えるために、エクセル自動計算で簡単に資金繰り表をつくり、最適な道を進んでいきましょう!

 

【書籍紹介】
「7ステップでわかりやすい!エクセル資金繰り表の作り方」

30日間無料体験ができる
Kindle Unlimitedの方はいつでも無料
※楽天市場ではお取り扱いしていません。
別途わかりやすい書籍を案内しています。

資金繰り表はエクセル自動計算で!無料のツールが中小企業庁にあった!!

資金繰り表はエクセル自動計算で!無料のツールが中小企業庁にあった!!

資金繰り表をエクセル自動計算できたらすごく楽ですよね。

しかし、自分でエクセルを使って自動計算機能を作っていくのはちょっと大変です。

実は、中小企業庁の早期経営改善計画策定支援のページに「資金予定表かんたん作成ツール」という資金繰り表を簡易的に作るツールがあります。

5つの質問に答えるだけで、簡易的な資金繰り表がすぐにできるのですが、なんと無料で利用できるのです。

さらに「もし不測の事態により売上減になったら?」といったパターンも作ることが可能なので、パターン別に資金繰り表の検討ができ、ベストな資金繰り表にしていくことができます。

 

エクセル自動計算できる資金繰り表の使い方

エクセル自動計算できる資金繰り表の使い方

エクセル自動計算できる資金繰り表の使い方の手順はシンプルでとても簡単です。

①「資金予定表かんたん作成ツール【通常用】」をダウンロードする
②「基本情報」の5つの質問に答える
③資金繰り表を確認する

では、画面を見ながら、資金繰り表を作っていきましょう。

 

①「資金予定表かんたん作成ツール【通常用】」をダウンロードする

まず、中小企業庁の早期経営改善計画策定支援のページを開きます。

次に、そのページの下のほうにある「資金予定表かんたん作成ツール」の「資金予定表かんたん作成ツール【通常用】」をダウンロードします。

※【通常用】と【製造業用】がありますので、事業にあわせて選択してください。

資金繰り表エクセル自動計算②

 

ダウンロードしたエクセルを開いて「基本情報」タブであることを確認し、「編集を有効にする」をクリックしてください。

資金繰り表エクセル自動計算③

 

 

②「基本情報」の5つの質問に答える

「基本情報」タブにある5つの質問に答えます。

次の5つの質問に答えることで、エクセルで自動計算してもらえます。

  1. 今後6ヶ月の売上・仕入の予定金額を教えて下さい。
  2. 来月支払予定の経費について、教えて下さい。
  3. 現預金について、教えて下さい。
  4. 売上の回収方法と入金までの期間を教えて下さい。
    複数者取引がある場合は、原則平均。算出困難な場合はメイン取引先の条件を入力。
  5. 仕入の支払方法と入金までの期間を教えて下さい。
    複数者取引がある場合は、原則平均。算出困難な場合はメイン取引先の条件を入力。

 

はじめに事例としてすでに数字が入っているので、今回はこのままの数字を利用します。

 

資金繰り表エクセル自動計算④

 

③2パターンの資金繰り表を確認する

「【参考】簡易資金予定表」のタブに入れ替えると、5つの質問の回答が反映された資金繰り表が表示されます。

 

資金繰り表エクセル自動計算⑤

 

①の資金繰り表が「資金予定表」、②の資金繰り表が「達成率を加味した資金予定表」です。

「達成率を加味した資金予定表」とは、計画通りに進まなかった場合を想定します。

「達成率見込」のところに数字を入力することで、例えば売上目標の60%しか達成しないなど売上達成率が変わった場合の資金繰り表を作成してくれます。

資金繰り表エクセル自動計算⑥

上図をご覧ください。

「達成率見込」を60%にすると、「達成率を加味した資金予定表」の「R3年10月」で資金繰りがショートしてしまうのは、お分かりいただけますでしょうか?

この場合、事前に借入が必要だとか、経費削減の提案とか、そもそも達成見込を60%まで落とさない仕掛けなど、資金繰りがショートしないための対策を考えるきっかけになるとよいでしょう。

 

エクセル自動計算できる資金繰り表を自分で作るのは難しい?

エクセル自動計算できる資金繰り表を自分で作るのは難しい?

経営者は日々忙しく、自分でエクセル自動計算できる資金繰り表を作るのは難しいため、本記事で紹介した資金繰り表を使ってみることをおすすめします。

ただ、自分でも作ってみたいと感じられる方も一定数おられると思います。

資金繰り表の作成は任意のため、決まった形式はありませんが、自分でエクセル作成することも可能ですので、こちらの記事を参考に一度作ってみるのもよいでしょう。(※自動計算する方法ではありませんが、ダウンロードしてカスタマイズすることは可能です。)

>>資金繰り表の作り方!エクセルで一から作る7つのステップ

資金繰り表の作り方!エクセルで一から作る7つのステップ
資金繰り表は、将来の資金の出入りを予測し、資金残高がどうなるかを未来予測することができる表です。資金不足が予測される場合、事前に対策をしておくことができるので、経営をしていく上でとても大切です。しかし、資金繰り表の作成は任意のため、決まった形式はありません。今回は資金繰り表を一からエクセルで作る方法をお伝えします。

 

まとめ|資金繰り表はエクセル自動計算で!無料ツールを活用しよう!!

まとめ|資金繰り表はエクセル自動計算で!無料ツールを活用しよう!!

ここまで、5つの質問に回答するだけで、エクセル自動計算して、簡易的な資金繰り表が作れる公的機関の無料ツールを紹介しました。

会社の今後の見通しはどうなのか?

いくつかの資金繰りパターンを考えるのにとても役立ちますよ。

エクセル自動計算してくれる資金繰り表を是非使ってみましょう!

株式会社マストップは、将来こうなりたいと目指す姿に向かっている経営者と一緒に伴走していくMAS監査事業をおこなっています。

当社が提供する経営計画サポートは、「現状を把握すること」「あるべき姿(目指す姿)を明確にすること」「全社員で共有すること」を促進し、ビジョンの達成、継続的な黒字経営を実現するための課題に取り組むことを支援することです。

まずは当社の中期5ヶ年経営計画立案サポート「将軍の日」をご利用ください。

また、「このままいくと5年後どうなる?」という課題を明確にする「あんしん未来診断」も随時行っております。

税務会計業務に長け、企業の未来をサポートすることに特化とした経営支援のエキスパートによるZoom解説で、経営者の方にわかりやすくお伝えする「あんしん未来診断」もあわせてご利用ください。

 

売上向上、事業拡大、人材育成、後継者問題・・・

経営の悩みは次から次へと出てくるものです。

経営者が忙しいのは
このように多くの課題があるから当然のこと。

それでも計画のない経営は
闇の中を歩いているのと同じです。

中期5ヶ年経営計画立案サポート
「将軍の日」
で経営の闇に光を灯しましょう!

弊社が提供する経営計画サポートは、「現状を把握すること」「あるべき姿(目指す姿)を明確にすること」「全社員で共有すること」を促進し、ビジョンの達成、継続的な黒字経営を実現するための課題に取り組むことを支援することです。

まずは当社の中期5ヶ年経営計画立案サポート「将軍の日」をご利用ください。

「将軍の日」の具体的な流れをみる

 

儲かっているからこれからも大丈夫」「黒字化したから借入返済も問題なくできるはず」そう思っていませんか?たとえ黒字であっても会社に現金がなくなれば、経営存続の危機です。「あんしん未来診断」を活用し、このままいくと5年後どうなるかを知ることで、一つでも多くの対策を練って会社を守りましょう。

 

\MASナビのピンタレスト/

MASナビでは、経営計画等に関する情報発信をしております。是非お役立てください。


資金繰り対策
masnavi3116をフォローする
MASナビ